工業包装における板紙には、さまざまな種類が使われていることを把握していますか。例えば多く使われている板紙の1つがロール紙で、工業包装のほかにデパートなどの包装紙や小袋、チラシなどに幅広く使われています。またクラフト紙は、工業包装用重袋のほかにガムテープや紙袋などの用途があげられます。そして食料品や嗜好品、機械類などの包装につかれている板紙が油紙です。ほかにも野菜類などの包装に適したポリエチレン加工紙や、マニラボール、白ボールなど工業包装といっても多くの板紙があります。それぞれの特徴に応じて使い分けることで、商品などをより良い形で放送して運搬することにもつなげられます。包装するものや予算、運搬の距離などさまざまな条件に応じて使い分けるようにしましょう。これらの話を踏まえて、包装業界に興味を持った方は↓のサイトが参考になるかもしれません。

人々の生活を支える包装業界