保護者対応の際に大切なことには、保護者の感情に寄り添うことがあげられます。そのためには、相手の視点に立って対応することが重要です。トラブルが起こったとき、子供だけでなく保護者に指導しなければならないという発想に至る教員は少なくありません。ですが、保護者からすると若いからバカにされている、教育者ではないからバカにされていると感じてもおかしくないです。教師から自分の子育てを貶されたと感じても不思議ではないため、保護者の感情を考えながら接していかなければなりません。丁寧に静かに話を聞いたり、指導という形ではなく相談にのったりアドバイスをしたりするというようなスタンスを心がけることが大事だと言えます。また、その他の学校で起きるトラブルの中で、ハラスメントにお悩みの方は以下のサイトを参考にしてみて下さい。

学校で起きるハラスメントとは