サイバー攻撃のリスクは、ごく普通の民間企業や個人事業主にとっても真剣に備えるべき問題となりました。このようなリスクは情報漏洩をもたらすので絶対に避けたい所です。色々な備え方がありますが、インターネット分離という対策があります。インターネット分離には、主に論理分離と物理分離があり、それぞれにメリットとデメリットがあり、ニーズに合わせて選びたいところです。

論理分離のメリットはハードウェアが少なくて済む点で、物理分離と比較して手間やコストを抑えられます。デメリットは仮想デスクトップや仮想ブラウザ等、IT関連の知識と経験を持たなければ運用や導入が難しい点です。

物理分離の方法のメリットは、セキュリティ力が充分に確保できる点となります。文字通り物理的にネットワークから端末を隔離する方法なので、サイバー攻撃を外部から受けるリスクそのものが抑えられます。デメリットとしては現場で運用するハードウェアの台数が増えるため、ランニングコストや導入費用が膨らむ点です。