エンジニアといってもサーバーエンジニアやクラウドエンジニア・インフラエンジニアなど様々な種類のものがあります。その中でもネットワークを設計したり構築する、管理や運用を行うエンジニアのことをネットワークエンジニアと呼んでいます。設備の構築を行うエンジニアであるため、ハードウェアの設置などの技術も求められます。具体的な仕事内容としては、クライアントがネットワークに求めることをカウンセリングし、セキュリティなどのことをよく考えながら、サーバーや回線の設計、そして提案を行うのが仕事です。その設計を基にしてネットワーク機器を構築する、回線を設置するなど、物理的な設備の設定も行います。その他にも運用と補修、セキュリティを定期的に見直すなど、長きに渡りクライアント企業との窓口を担当することにもなるでしょう。また、以上の文章を読みインフラエンジニアについて更に知りたくなった方は、以下のサイトがおすすめです。

インフラエンジニアについて詳しくなろう!