熱交換器というものをご存知でしょうか。これは1970年代に日本の企業が開発をしたものです。熱い空気と冷たいものを冷媒という気体を介して温度を平均的に換えるもので、これが活躍をしているのがエアコンです。1970年に初めて製品化をされ、今では一家に一台は必ず備わるようになりました。冷媒は以前はフロンガスを使用していましたが、今はあ環境に優しいものに変更をされています。熱交換器は室外機に備わっていて、外の熱い空気を冷やして室内に送り届ける役割を担っています。熱交換器はさらに地熱発電装置にも活用をされており、この場合は地熱を吸収して専用機材に備わっているタービンを駆動させるのに使われているのが特徴です。熱交換器の活躍について更に詳しく知りたい方は以下のサイトを参考にしてみて下さい。

熱交換器はどこで活躍しているのでしょうか