「関連痛」は、実際には背中や肩、腰などには何の炎症箇所が内にも関わらず、何等かの「痛み」を感知することをいいあらわしているのだそうです。たとえば心筋梗塞の患者さんが、はじめて心臓の痛みを感じた際に、心臓付近の痛みではなく背中や肩などに痛みがあると訴えることがあるようです。専門医たちの解説によりますと、この患者さんが過去に経験した似たような痛みと、今回はじめて経験した心臓の痛みを、脳の認識のなかで経験したことのない心臓の痛みを背中や肩の痛みに結びつけてしまうことが原因であるのではないかと考えられているようなのです。最近の研究では、このようなデータを含めまして腰痛を訴える患者さんのなかには、現在抱えているストレスからくる精神的な痛みを腰痛であると誤まって認識してしまっているケースもあるとしているようです。関連痛か腰痛か分からず迷った際には必ず専門機関へ通うようにしましょう。参考までに腰痛にアプローチをかけてくれる治療院等をまとめているサイトを下記に記載しておきますので、こちらも併せて読んでみて下さい。

参考サイト:腰痛で困ったら情報サイトGia! | 腰の痛みや違和感とお別れしましょう