「慢性疲労症候群」は、会社勤めのビジネスパーソンに多くみられる症状であるともされているようなのです。この病気の症状の特徴としては、単なる昨日の仕事の疲れにとどまらず、社会的で健全な生活が送れなくなるほどの倦怠感や疲労感をともなうものとされております。働き盛りのビジネスパーソンの多くが、健康診断などの数値を気にしているのは血糖値などにもなりますが、血糖値の上昇とともに心配されるのが「糖尿病」とも言われております。「慢性疲労症候群」と「糖尿病」は、双方とも疲労感を覚える症状が特徴とされているようですが、それぞれその原因とされるものが異なってきますので、多忙な毎日のなかで疲労感を抱え込んでしまう前に慢性疲労症候群や糖尿病の予防策を考えたいものです。