「糖尿病」は、I型、II型などのタイプ別に分類されることが一般的であるとされてきたようです。

これまでは糖尿病を発症した患者さんが同じ型に分類された場合、合併症の傾向や治療法は同様となると考えられてきたようですが、近年、糖尿病の研究が行われる続けたことから、同じI型、II型の人同士であっても発症する合併症に違いがみられたり、治療法の効き目などにも違いがみられることが判明したようなのです。

糖尿病の発症リスクはいくつかあるようですが、それらのリスクを良く理解することが糖尿病の予防につながるとも考えられているようなのです。

また糖尿病発症のリスクが高まる要因として、高血圧や肥満などがあげられているようなのです。