子供達の発達障害の中にみられる「学習障害」などは、特に、小学生になる頃に、現れ始めるなどと言われています。実際は、それ以前から、子供たちの様子の中に、そのサインが隠れていたりもしますが、「学習障害」を持つ子どもたちには、手先の不器用さなどを指摘する専門家などもいます。折り紙を折ることが、苦手であったり、ハサミをうまく動かせない、靴紐を結ぶのが苦手であったり、細かい作業が、特に苦手であるというような子供達がいるようで、手先の不器用さから「鉛筆を持つことがうまくできず」に、学習障害に影響を与えてしまっているような子供達もいるようで授業中に、先生が、黒板に文字を書いても、鉛筆すら持たないような子供達を見ると何かと注意しがちではありますが、本人としては鉛筆を持ちたくても、どうやって持ったらいいのかがわからない、指がうまく動かない、というような基本的な問題を抱えているようなこともありますので、子供達が学習カリキュラムの中で、常に出しているサインをきちんと読み取り、その問題を一緒に解決していくことが、まずは、大切であり「学習障害」を克服していくひとつのステップとなるでしょう。

                

発達障害の子どもたちが通える塾