税理士の資格を取得するのに、2年間で5科目すべて合格できるように計画と立てるとすると、まず1年目は「簿記論」「財務諸表論」の攻略目指して、受験の前年9月開始~翌8月で1スパンと考えてください。この1年で基礎を築く気持ちで取り組みましょう。初めてトライする人にとってはかなりハードな1年となるでしょう。既に日商簿記1級等取得している人にとっては、余裕があれば他の選択科目まで手を広げてもいいかもしれません。

専門学校でも通常、簿記論と財務諸表論をセットに、他の税法関連は選択する人ごとにチョイスできるような講座構成をとっているところが多いです。最初の1年で必修科目合格を確実にできるよう臨むくらいの気持ちでスタートしてください。既に受験勉強を経験している人は、ある程度その流れを掴んでいるでしょうから、今度こそというぐらいの気構えで計画を着実にこなせるよう工夫しましょう。

1年で必修科目2科目がクリアできれば、その勢いを維持しながら残り3科目攻略に向け受験終了後あまり間を置かず進めていってください。資格試験の受験勉強は、長くやればやるだけ実力が付くというものではありません。いかに短期間で集中して合格までもっていき、1日も早く実務に就くことがよいに決まっています。

合格したその先は、最初から事務所を自分で構えるのは厳しいでしょうから、就職先を探すことになります。税理士の格安紹介などを見ながら、自分が働きたい事務所像を絞ってみるのもよいですね。