都内で鉄板焼きと言えば、月島もんじゃではないでしょうか。もんじゃで飲み歩きなんて初めてしまったらもう大変、永遠に終わりが見えないとも言えるのではないでしょうか。そう思わせる店の一つに月島の「月島もんじゃ こぼれや 結」と言う店を挙げてみましょう。永遠に食べ続けられそうな旨さの秘訣はもちろん「出汁」で、服骨と地鶏からとる至極のダシに市場から直送された新鮮な海鮮を唯一無二の味付けでいただくのがこの店の特徴。もんじゃ焼き激戦区の中でこの店に注目が集まるのは、その独特な味付けと言え、自慢の出汁はなんと5時間も煮込んで作られるこだわりよう。ミシュラン掲載店である銀座の「天ぷら阿部」の天かすを使用するなどこだわりかたが尋常でないところがたまらない。メニューに並ぶのは、200種類以上の試作を突破した強者と言え、厳選に厳選を重ねたメニューはどれも舌を唸らせるものばかりと言えるでしょう。必食の価値ありと言えるのが「江戸前穴子もんじゃ」で、器に入りきらない大ぶりな穴子を別焼きした上で、もんじゃに混ぜると言うもの。ソースとの相性は抜群な上、他では味わえないメニューと言える。お店が空いている時にはスタッフさんが焼き方をフォローしてくれるので、初心者さんも安心して挑戦してほしいお店です。どちらも都内に来る際には是非旅プランに入れて欲しいお店です。もちろん、旅プランに入れて欲しいお店はまだあります。鉄板焼きをコース感覚でいただけるのが日比谷の「お好み焼・鉄板焼88パチパチ」もオススメでしょう。1階はカウンターのみですが、2階にテーブル席も用意されているため複数人でも楽しめるお店と言えるでしょう。新鮮なお肉と魚介、野菜をふんだんに使った鉄板料理が味わえるのが特徴と言え、各テーブルに保温用の鉄板が設置されているためアツアツのままお好み焼きを味わえるのも嬉しい。お好み焼きやでは珍しく厳選されたワインも楽しめるのも通には嬉しいポイントと言えるでしょう。