お一人様に、慣れすぎたアラフォーシングルたちが、なかなか理想の出会いに巡り会えないのは、その高すぎるその理想相手のハードルが問題であると、結婚カウンセラーを務めるSさんは、考えているようです。「恋愛と結婚は、別である」、ときっぱりと言えることは、決して悪いことではありませんが、「結婚」に高すぎる理想を抱いてしまうと、「結婚」に対する高い壁を、自分自身で積み上げてしまうというようといった傾向が、40代を目前とした独身男女に見られる事が、あるそうです年齢を重ねるごとに、容姿や体型の悩みが増えつつあるのがアラフォー世代ですから、恋愛や 出逢いに臆病になりがちになる人も、少なくないとは思われますが、そのような人たちにお話ししたいことは常に、「いつ結婚するの?今でしょ。」といった問いかけです。と、Sさんは、語ります。いつだって人々は、パーフェクトではありません。自分にも他人にも、ある程度のプレッシャーを背負うことをやめ、自然体の素の自分を認めてもらえるようなパートナー探しをする事で、案外近くにいる運命の人に出逢える事もありますよ。