ECサイトを制作した経験のある人であれば、「O2O」という言葉を覚えておいた方が良いでしょう。これはオンライン・トゥ・オフラインを意味する造語で、簡単に言えば、ネットでユーザーに影響を与えて実店舗に来てもらう仕組みを指します。

もちろんその逆であるオフライン・トゥ.・オンラインも考えられます。O2Oの例としては、実店舗で使えるクーポンをアプリで発行すること、SNSで実店舗の情報を発信すること、商品に付いたQRからECサイトに案内すること等が挙げられます。

さて、ホームページ制作やECサイトに纏わる面白い試みは他にもあります。「オムニチャンネル」と呼ばれる仕組みもその一つで、実店舗とECのそれぞれに眠っている会員情報を纏め上げ、顧客が実店舗を訪れようが、ECを眺めようが、すぐに他方の購入形態に移れるものです。例えば実店舗で在庫の無い商品をすぐにECを通して購入することが出来ます。今後はオンラインとオフラインの融合がさらに進むと思われますが、サイト制作者も最新の動向を追うように心掛けて下さい。