革財布は使用しているごとに手の油分などで保護膜を作るため、特別な手入れは必要ないと言えますが、汚れや手垢、乾燥などが見られる時はきちんとケアする事が大切でしょう。革専用の保湿クリームを使用し、汚れを拭き取り磨くことで、艶が増し、豊かな表情へと変化していくのも革財布の楽しみの一つでしょう。お手入れ用の布で少量ずつ均一に伸ばしながら塗った後は、別の乾いた布で余分なクリームを取り除いてあげることも大切な工程です。お手入れ用の布は、クリームを塗流ためのものと乾拭きするものの2枚あると便利でしょう。最後には細かい毛先のブラシを使い、革のシボや縫い目と言った部分に入り込んでしまったクリームも取り除きましょう。ゴシゴシと擦るのではなく、縫い目や編み込み部分に沿って優しくブラッシングするのがコツです。ブラシがない場合は、布の角などを使っても良いですが、長く財布を利用したいと考えているのであればあるに越したことはないでしょう。このように自分の手で時間をかけてお手入れすることで、艶とともに愛着も増していくのも革財布の魅力ではないでしょうか。時間をかけると言っても、基本的にお手入れはこの工程だけなのでそこまで面倒くさくもないでしょう。人によって、汚れがついてしまいやすい環境で使用している人などは、最後の工程で革専用の防水スプレーなども利用すると、汚れ防止になるので良いでしょう。用意する物も専用クリームと柔らかい布だけなので、最悪布は柔らかいものであれば専用のものでなくても用意できる手軽さもありがたいですね。ファスナーの滑りなどのケア方法はまた別に専用のスプレーなどがあるので専門店で見てみると良いでしょう。世界に一つの自分だけの財布が出来上がると思うと毎日でも磨きたくなってしまいますね。