最近のトレンドとしては、無造作の美しさを、ポイントとした規定に、こだわらないフラワーアレンジメントなども、注目を集めているようです。

このような無造作感を出すには、たとえば、雑貨店で見つけた可愛らしい小瓶や、海外のお土産で頂いたジャムの瓶など。

このような雑貨や日用品のものを使われることも、無造作感を出すテクニックの一つとなりそうです。

選ばれる花も、統一感の揃ったものではなく、質感やテクスチャーが異なるようなものを、組み合わせて作るのも、一つの方法ですね。

高さやそのフォルムで、特徴付けるというよりは、個々の素材感の持つ質感などで雑多なイメージで飾り付けを行うことで、あえてデザインした無造作の中の美が生み出されるのではないでしょうか。

一部のフラワーアーティストたちの中では、このようなルールに反する無造作なフラワーアレンジメントを、良しとしないというような考えもあるようですが、一般的なご家庭で、日常的にお花が飾られる上で、このようなカジュアルな美を楽しめることも、アレンジメントの良さのひとつだと考えています。