首コリというのは、首周りの筋肉の血流が悪くなって張りや痛みを感じるという状態だそうです。

ストレスやプレッシャーといったことで緊張が続いていても硬くなってしまうそうです。

首ストレッチをしいくと肩こりの解消の効果もあるそうです。

首というのは脳への血液を送るとても重要な血管があるそうです。このため、首まわりの筋肉が硬くなってしまうと脳の酸素不足ということになってしまうそうです。

ボーッと眠くなったりイライラしてしまうこともあるそうです。

背中で腕くみをすると、肩甲骨と鎖骨が動かないようにロックすることができるそうです。

肩こりの痛みの原因といわれている肩甲挙筋と僧帽筋をほぐすのにとてもよい動きだそうです。後ろで腕を汲んで肩の骨を下へロックしてから、首の骨を傾けるそうです。肩こりの原因筋肉までアプローチができるそうです。

背筋を伸ばして後ろで手を組み、左手を脇腹に添えるように押さえるそうです。右真横に首をゆっくり倒して30秒キープするそうです。首は動きも時間をすべてじっくりするのがほぐしのポイントだそうです。首は血管や神経がたくさん通っているデリケートな部分だそうなので、優しい動きが基本だそうです。強く伸ばすとかえって炒める原因ともなるそうです。ほどほどの加減というのを心がけるようにしたほうがいいそうです。

首の角度を微調整することも大切だそうです。

ゆっくり揺らしたりすると、首周りにあるたくさんの小さな筋肉にほどよい刺激になるそうです。後ろ側だけではなくて、横側も気持ちよく伸びるそうです。

深く呼吸を一緒にやるのも大切だそうです。

そうするとコリも取れやすくなるそうです。

そーと上下に数回うなずいたりもいいそうです。